先日から突如始まった【女性編集者、R35を……買う?!】。日産GT-R(R35)が大好きなMotor-Fan.jp編集部員・ナコが車両価格1000万円オーバーの35購入を目指す、ドタバタ日記です。さて、プライベートで日産グローバル本社ギャラリーを訪れ、広報部のかたを巻き込み大騒ぎをしたナコの行動は、水滴が落ちた水面のごとく波紋を拡げ……。

ワクワクしたり、落ち込んだり、かと思えば気が大きくなったり……の、35(クルマ)購入への道程、ぜひご一緒に楽しんでください。



TEXT&PHOTO:生江凪子(Naco NAMAE)

PHOTO:Motor-Fan.jp / Special thanks:NISSAN

天から35が降ってきた!?

日産 GT-R好きな、興味がある皆さま、こんにちは。ナコです。【女性編集者、R35を……買う?!】をご覧いただき、ありがとうございます。さて、めでたく2回目。

今回は、Vol.01から数日後。日産・広報部のO女史から電話をいただいたところから幕を開けます。

いただいた電話にもかかわらず、要件をお伺いする前に先日の非礼をお詫びしたうえに世間話を始める間抜けなナコ。あれ、で、なんでお電話いただいてるんですっけ……?

そして本題に入ると、腰を抜かすほど驚いた。



「この間、今度試乗するって言ってましたよね? 35、所有してみませんか?」



試乗が即所有は、飛躍しすぎでは?! ええ、したいのは山々ですが、すみません、振れる袖が超絶短く……とモゴモゴと答えるものの、そうではなかった。

なんと、35の広報車を長期で貸与してくださる! というお話なのだ。なぬ!?(この時点でもはや「貸」の字は脳内から消えてます。「与」しか見えていない)



通常、私たち出版社(雑誌やWeb媒体)は、記事を作るためにメーカーさんより広報車と呼ばれる車両をお借りします。最短で数時間、長くても2~3日が通常のスケジュール(発表・発売されたばかりの新型車両などは、スケジュールが入りまくるのでどうしても貸し出し時間はタイトとなります)。



それが、長期! 長期ですよ。腰を抜かすの、おわかりいただけますか?

はやる気持ちを抑えつつ確認をすると「35は普通の人にも受け入れられるクルマなのか」「所有すると日々なにか変わるか」「日常で使えるクルマなのか」を体験してみてください、という大変にありがたいお話! もちろん尻尾を千切れんばかりに振り、前のめりで「乗ります! 乗ります! お借りします!」とお返事をさせていただいたのですが……。

最大の問題は、ナコの運転レベル……

ここで問題は、ナコの運転レベルは大して高くない、ということである。「好きこそ物の上手なれ」は、運転には当てはまらないことわざだと常々思っている。どんなに好きでも運転のセンスがないと、側から見たら「下手の横好き」でしかないのだ。この業界的には、とくに。とほほ。



もちろん、1台といわずクルマを所有したことはありますよ。分不相応にも輸入車にも乗っていましたし。が、自信を持って「ワタシ、運転上手いから」とは言えないレベルです。

言い訳ではありませんが、私たち編集者は自動車評論家ではないので、そこまでの技術が必要ないことは書き記しておきますね(とはいっても大概の編集部員は上手い)。きちんとした記事をお届けするときには、しかるべく評価できるかたに乗っていただいているので。



尻尾を振りまくって答えたものの、答えた瞬間からお腹が痛くなってきた……。

あ〜どうしよう。借りるって言っちゃった。しかも長期。

今年3月、GT-R NISMOを初試乗。乗り出してすぐ、緊張しまくって顔が引きつっています

でも今回は「普通の人」が35を所有して……という大前提があるから。運転が下手でも、35が好きで乗ってみたい! というかたにわかりやすい、ヴァーチャルオーナーレポート(基本的にはワタクシが購入するための予行演習)とさせていただけばいいのか。



だって、普通の人って……まさにワタシのことじゃん?(少し顎が上がってくる)

コレって「オレの35」って言っていいヤツ?(だいぶ顎が上がってくる)

日常で使っていいの? え、どこにドライブに行こう!(ほぼ仰け反る)

そしてだんだんと気が大きくなり、顎が上がりきった状態で借り出しの日を迎えました。

「ゴルフツアーで優勝したときの副賞のような感じで受け取りたい」という無茶振りに、快く応じてくださった日産の皆さま、ありがとうございました

だが、借り出しの瞬間から購入の覚悟を問われることになるとは……このときはまだ知らない。



次回【女性編集者、R35を……買う?! Vol.03】「ぎゃっ! まっすぐ走らない?!!!」へ続く

【女性編集者、R35を……買う?!】は、フィクションがちょっこし入ったノンフィクションの連載となります(回数、期間未定)。クルマの運転に自信がなくても、GT-Rに乗れるのか? そもそもGT-Rって日常使いできるクルマなのか? などなど、GT-Rを購入するにあたってのさまざまなハードルを大真面目に考察した、限りなく主観的な「日記」となりますのでご了承ください。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産 GT-R が欲しい! ついに、R35のキーを手に入れる(想定よりだいぶ大きい)