北米マツダはCX-3の2021年モデルを9月から発売すると発表した。

2021マツダCX-3のエクステリアはスタイリッシュなコンパクトクロスオーバーのスタイルを表現している。ヘッドライト、テールライト、デイライトなど、すべてのLED照明を標準装備している。また16インチアルミホイール、ルーフスポイラー、シャークフィンアンテナ、ブラックのフロントグリルがデザインを引き締めている。



また最大148馬力と198Nmのトルクを発生するSkyactiv-G 2.0ℓエンジンが引き続き搭載される。駆動方式はFFと4WDが選択可能で、6速ATが組み合わされている。



インテリアにはAppleCarPlayおよびAndroid Auto、アクティブドライビングディスプレイ、自動温度調節が標準装備される。またマツダコネクト、Bluetoothハンズフリー電話とオーディオ、6スピーカーオーディオシステムを備えた7インチのタッチスクリーンディスプレイが装備されている。



安全性能も充実している。2021年モデルには新たにスマートシティブレーキサポートが強化され、夜間歩行者検出機能が備わった。またストップアンドゴー機能付きのマツダレーダークルーズコントロールは、長いドライブや混雑する通勤時などで役立つ。

こちらは2020年モデル。デザインはほとんど同じだが、フロントグリルのデザインが異なる。

価格は約220万円から!

【CX-3 Sport】

FF:約220万円

i-Activ 4WD:約235万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 北米マツダ、CX-3の2021年モデル発表!