8月5日、ダイハツはハイブリッドセダンの「アルティス」を一改改良し、同日より発売した。「G」グレードのみ設定で、税込車両価格は365万2000円だ。

ブラインドスポットモニターを標準化

 「アルティス」は、2012年5月よりトヨタからOEM供給を受けている2.5ℓハイブリッドパワートレイン搭載のミドルセダンで、カムリとは姉妹車の関係にある。

 今回の一部改良では、隣接する車線の死角領域の車両を検知し、ドアミラー搭載のLEDインジケーターが点灯する安全機能「ブラインドスポットモニター」を標準化し車両の安全性を向上させている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツのハイブリッドセダン「アルティス」が一部改良! 安全装備がさらに充実