アウディ・オールロードクワトロは、1999年登場(日本デビューは2001年)のA6アバントをベースにしたモデルが初代である。いわゆるC5系のA6がベースだった。今回試乗したオールロードクワトロは、A4(B9系)アバントをベースとしたモデルである。SUVほどごつくなくて、それでいて高い走破性能も都会的なルックスも持ち合わせるモデルだ。SUVが好みではない筆者のようなタイプにはなかなかアピールするクルマである。

TEXT◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

向かった先は愛知県長久手のトヨタ博物館。往復700kmを超える行程だ。

オールロードクワトロで個人的に思い出すのは、初代モデルだ。F1速報誌の編集長をしていた時代、たぶん2000年のたぶんF1サンマリノGPとかベルギーGPの取材に出かけたときに、街中に駐車してあったオールロードクワトロを見て、「うわぁ、カッコいいな、これ」と感じた記憶がある。



1980年代のVWゴルフⅡにあった「ゴルフカントリー」もカッコよかったが、アウディ・オールロードクワトロは、都会的で、それでいて「クワトロ」だからどこでも走れるそ実力を秘めた佇まいにちょっと憧れたものだ。

これがVWゴルフカントリー。ゴルフⅡがベースだ。
初代アウディ・オールロードクワトロ。今見てもかっこいい。

今回、最新のアウディA4オールロードクワトロをお借りしたのは、そういう背景もある。お借りする直前に乗っていたのはF30型BMW3シリーズ。A4オールロードクワトロに乗り換えてすぐに感じるのは、インテリアの上質感だ。世代的にはそんなに違わない(F30型3シリーズは2012年デビュー、B9型A4は2015年デビュー)はずなのに、明らかにアウディの方が上質(というか上品?)だ。アウディは、インパネ、メーターもハイテク感満載である。

上質でハイテク感のあるインテリア。メーターはアウディ得意のフルデジタルタイプである。

運転していてリラックスできる「ちょっとだけ高い視点」がいい。

翌朝、カメラマンとその機材を満載して東名高速を一路西へ向かう。目的地は愛知県長久手のトヨタ博物館である。往復ほぼ700kmを1日で走るドライブだ。



高速道路に乗った途端に、思い出した。「ん? 最近、こんな視点の高さのクルマに乗ったな」と。そうだ、これはスバル・レガシィアウトバックと同じ高さだ!

上がA4オールロードクワトロ、下がA4アバント

レガシィアウトバック 全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1605mm ホイールベース:2745mm 最低地上高:200mm

A4オールロードクワトロ 全長×全幅×全高:4750mm×1840mm×1490mm ホイールベース:2820mm

トレッド:F1580mm R1565mm 最低地上高:170mm 最小回転半径:5.5m
車重:1680kg 前軸軸重920kg 後軸軸重760kg エンジン縦置きのA4オールロードクワトロの重量配分は前55:後45で横置きFF車と縦置きFR車の中間くらいの重量配分だ。

ワゴンボディの車高を少し上げてフェンダーアーチに濃色のクラッディングを装着するスタイルはオールロードクワトロとアウトバックで共通する。ボディサイズは



A4オールロードクワトロ

全長×全幅×全高:4750mm×1840mm×1490mm ホイールベース:2820mm

レガシィアウトバック

全長×全幅×全高:4820mm×1840mm×1605mm ホイールベース:2745mm



最低地上高は170mm(オールロードクワトロ)と200mm(アウトバック)である。A4の場合はA4アバントと比べて最低地上高が50mm高くなっている。



こうして比べると、アウトバックの方がだいぶ背が高く、アウトドアのムードが強い。オールロードクワトロの方が都会的(!)に見える。

アウディA4オールロードクワトロ 車両価格○670万円

スバル・レガシィ アウトバック X-BREAK 車両本体価格○329万4000円 A4オールロードクワトロのほぼ半額(!)

このパッケージは、SUVやクロスオーバーほどじゃないけれど、普通のクルマと違うのがほしい、というニーズにマッチする。高速道路を100km/h~120km/hくらいで巡航するならSUVよりもこっちの方がいい。悪路や雪道はAWDと高い地上高で安心だ、というのも見た目で伝わってくる。

左から100km/h巡航、110km/h巡航、120km/h巡航時

空いた東名から新東名へ入ると制限速度が100km/hから120km/hへと上がる区間がある。オールロードクワトロが搭載するEA888型2.0ℓ直4直噴ターボは、252ps/370Nmというハイスペックなエンジンだ。それぞれメーター読みで

100km/h巡航:1500rpm

110km/h巡航:1680rpm

120km/h巡航:1750rpm

だった。余裕綽々である。



アウトバックの場合は、100km/h巡航1700rpmだった。ただし、自然吸気2.5ℓ水平対向エンジンのアウトバックの方が大らかゆったり(大味とも言えるけれど)で、オールロードクワトロの2.0ℓ直噴ターボの方が粒が揃って精密にエンジンが回っている印象だ。どちらも、それぞれ個性があっていい。

エンジン形式:直列4気筒DOHC エンジン型式:CYR(EA888型) 排気量:1984cc ボア×ストローク:82.5mm×92.8mm 圧縮比:9.6 最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm 最大トルク:370Nm/1600-4500rpm 過給機:ターボチャージャー 燃料供給:DI 使用燃料:プレミアム 燃料タンク容量:58ℓ

ご興味のある方は少ないと思いますが、これがエンジンカバー。
裏側はこうなっている。
カバーを外すとこう見える。もちろんエンジンは縦置きだ。

EA888型のGen.3エンジン。吸排気に可変バルブタイミングがつく。排気には可変バルブリフトも。可変リフト機構は排気側につけているのは、排気流速をコントロールするため。低回転時にローリフトカムを使って排気流速を高めればターボチャージャーのタービンの速度を高めることができる。排気慣性による掃気効果も使える。ターボはシングルスクロールだ。

Audiドライブモードのセレクト画面

乗り味は、というと、意外やちょっと似ていた。オールロードクワトロは、「Audiドライブセレクト」でOffroad/Efficiency/Comfort/Auto/Dynamic/Individualの6つから走行モードを選べる。往路はカメラマンとその機材を考えてComfortで走ったが、なんとなくふわふわした感じがあまり好みではなかった。復路は、Individualモードで、ステアリングの重さやエンジン、サスペンションの設定を好みのフィーリングに設定したら、ビシッとした乗り心地になった。Indivisualモードでセッティングをいろいろ試してみることをお勧めする。

右に示すカットモデルがカップリングユニット。リヤデフは「スポーツデファレンシャル」型。 図からもわかるように、湿式多板式のクラッチを用いるカップリングユニットで、通常走行時にはFWD状態になる。

ビシッと走った、と書いたが、アウディA4オールロードクワトロは、その名の通りアウディ自慢のAWDシステム、クワトロを搭載している。ヨンクと言えばアウディかスバルだという人も多いだろう。オールロードクワトロが搭載するクワトロは「quattro ultra」というシステムだ。これは湿式多板式のクラッチを用いるカップリングユニットで、通常走行時はFWDとして、後輪への駆動を完全に切り離すことができるシステムだ。つまり、普通に走っていればFFなのである。もちろん、燃費対策だ。復路は、豪雨に見舞われたこともあったが、そういうときは心理的にも「このクルマはクワトロだから大丈夫」という心強さがある。

冒頭にも書いたが、SUV/クロスオーバーばやりだが、「アウトドアを楽しみたい」「ちょっと最低地上高が高くて悪路や雪道で頼りになるクルマがほしい」という人で「SUVはちょっとごつすぎて苦手」という人にピッタリだ。アウディでいえばSUVのQ5の全高が1635mm、オールロードクワトロが1490mm、最低地上高はQ5が185mmに対してオールロードクワトロが170mmだ。SUVとオールロードクワトロやアウトバック(意外なことにこの2台のほかにはVWパサートとゴルフのオールトラックくらいしかない)、どちらが使いやすいか、といえば、(SUVがあまり好きではない筆者とすれば)、それは後者だと思う。オールロードクワトロ、ちょっとプライタグが重い(670万円)けれど、その価値はあり、だと感じた。

トランスミッションは7速DCTのSトロニック。ギヤ比は1速:3.187 2速:2.190 3速:1.517 4速:1.057 5速:0.738 6速:0.557 7速:0.432 後退:2.750

トランク容量(VDA値)は505ℓ。後席を倒すと1510ℓになる。使いやすい工夫が施されている。荷室面は滑る素材で出来ていて、荷物の積み込みが楽だった。

欧州仕様のCd値は0.32。最高速度は247km/hと発表されている。製造はドイツ・インゴルシュタット工場だ。

アウディA4 オールロードクワトロ

全長×全幅×全高:4750mm×1840mm×1490mm

ホイールベース:2820mm

車重:1680kg

サスペンション:F&Rウィッシュボーン式

エンジン形式:直列4気筒DOHC

エンジン型式:CYR(EA888型)

排気量:1984cc

ボア×ストローク:82.5mm×92.8mm

圧縮比:9.6

最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm

最大トルク:370Nm/1600-4500rpm

過給機:ターボチャージャー

燃料供給:DI

使用燃料:プレミアム

燃料タンク容量:58ℓ

トランスミッション:7速DCT(Sトロニック)

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:14.6km/ℓ



車両価格○670万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウディA4オールロードクワトロ:「SUVはちょっと…」という人に最適な万能グランツアラー。700km走って燃費は? スバル・レガシィアウトバックと比べたら?