新型コロナウイルスの被害が再び拡大する中ではあるが、決められたルールを厳守することでのイベントの開催が緩和。その中で幕張メッセ(千葉県)にてようやくオートモビル カウンシル2020が開催された。



開催日程:2020年7月31日—8月2日

開催場所:幕張メッセ

多くのヒストリックカーが展示される。その造形の面白さや、勢いのある形は様々な気づきを与えてくれる。

久々の幕張メッセでの自動車の大イベント

オートモビルカウンシルとは、2016年より開催される世界のヘリテージカー・イベント。”CLASSIC MEETS MODERN” をフィロソフィとして、日本車メーカー、インポーター、サプライヤー、ヘリテージカー販売店、自動車関連商品、イベントオーガーナイザーが結集する個性的なイベントだ。

ヒストリカルなイベントにも関わらず最新モデルの展示も行われ、今回はマツダより今秋発売予定のMX-30のハイブリッドモデルも展示された。

こちらは欧州仕様のマツダMX-30、EVモデル。EV用プラットフォームというようりは、地域によってベストのパワーユニットを選べる自由度の高いプラットフォームという側面も持っていたのだ。

一見するとヒストリックカーイベントではあるのだが、単なる古い車の展示や、知る人ぞ知るだけのマニアックな集まりではなく、「こんな車なら乗ってもいいかも」と思えるような「今」に根付いたイベントとなっている点が面白い。言ってみれば、ヴィンテージものを身につける感覚で車を見ることができる。

すべてを、良いものは良いとして理解する視点で捉えているため、車を文化として慈しむファンにとっては、厳密な線引きのない共感を生む展示が特徴だと言えるだろう。

デビッド・ブラウン・ミニ・リマスタード(ホワイトハウス)  今回大注目なのが、ミニのリマスタードモデル。往年のモデルをより現代風に扱いやすく、快適に仕立てたモデル。カーナビも採用されるなど、クラシックと現代が共存。

展示車両のなかには価格がつけられ、実際に購入することができるものも多いが、単に購入するというだけでなく価格が提示されていることで、これまで縁がないと思っていた人にも「買えるかも」など、より身近に感じることができるなと感じられるといった、新鮮な驚きもある。





コロナ禍を乗り越える大イベントのさきがけ

また今回のイベントは、新型コロナウイルス対策として、同時入場者数を5,000人に制限、状況により入場待ちとなる可能性もあるという。また3密を防ぐ対策、体温管理などが徹底される他、入場者登録シートの提出が必須だ。こちらは、オートモビルカウンシルのホームーページからダウンロードすることができる。



さらに開催期間中には、有料のバーチャルモールも実施されており現地取材の模様を動画化しweb上で観覧することができる。こちは専用電話回線も設置され、ヘリテージカー販売店の担当者に、詳細を直接聞いたり、商談をすることもできるという。

AUTOMOBILE COUNCIL 2020
マツダブースは、初代RX-7、コスモスポーツなどがMX-30を囲う。

まだまだリーズナブルなネオクラシカルの代表格。原工房より展示された、ピニンファリーナデザインのプジョー406クーペ。

ホンダブースはスポーツヘリテージをアピール。

ヤナセクラシックカーセンターから展示されたEクラス(W124)。ヤナセでは販売された当時からすべてを知るメカニックによる整備を行なったクラシックモデルを販売。なんと6ヶ月または5,000kmの保証がつくという。

MG (Morris Garage:英) TA Q-Type (1936年)AC MINDSより税込1300万円で展示。
マツダ・ルーチェ・ロータリークーペ(1970年)、ヴィンテージ宮田自動車より展示。

シトロエンGSブレーク(1975年) アウトウニーズより展示。ワゴンモデルだが、開口部に注目! リヤサスの独自構造によりこれだけ低い荷室が可能に。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 Withコロナのなかで開催するイベントの新たな形:オートモビルカウンシル2020開催!