JRFEC5A0731

JR貨物は、JR西日本に「平成30年7月豪雨」の影響で不通となっている山陽線の代替として山陰線を利用した貨物列車迂回運転の要請を行った。

伯備線、山陰線、山口線を迂回経由するルートを検討中で早期の実現に向けて運転士要請、設備確認、ダイヤ調整の準備を同時並行で進めている。

取り組みが完了次第、速やかに迂回列車の運転を開始する予定となっている。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR貨物、「平成30年7月豪雨」の影響で不通となっている山陽線の代替として貨物列車の迂回運転に向けて検討中