凍結路面でも素早く曲がれて止まれる
最新スタッドレスの実力をチェック!


DUNLOP/WINTER MAXX 03
ダンロップ/ウィンターマックス03


肌寒くなってきたこの季節。積雪地帯のユーザーは、そろそろスタッドレスへの履き替えも見据えておきたい頃合いだ。そこで注目なのが、ダンロップがリリースした『ウインターマックス03』。今回は氷上路面でその実力をチェックした。
スタッドレス タイヤ 冬 ダンロップ ウィンターマックス

見た目は地味ながら、タイヤほど替えた効果が実感できるパーツはそうそうない。優れたタイヤは快適な乗り心地や運転の楽しさ、そして絶対的な安全性をもたらしてくれる。スタッドレスについても然り。技術進化が著しいため数年前のモデルとは雲泥の差といえるほどの違いが体感できる。

今や国産スタッドレスなら、雪上性能はかなりの水準に到達していると考えていい。差が付くのは、ウインタードライブにおいて一番リスキーともいえる凍結路面だ。アイスバーンは表面に薄い水膜が張っているためゴムが路面に食いつきにくく、滑りやすい。

そこでダンロップが新たにリリースした『ウインターマックス03』では、氷上性能のアップを命題に掲げ、開発が進められた。着目したのは、氷上に張る水膜を除去する早さ。独自技術となる「ナノ凹凸ゴム」により滑りの原因となる水膜を素早く除水し、タイヤを路面に素早く密着させている。スピーディに水膜を除去できるから、タイヤが路面に密着する時間も長い。だから滑りにくいというわけだ。

しかもナノ凹凸ゴムは柔軟性に優れ、表面にすき間なく密着する。路面に接地する面積が大きいので氷を掴んで離さない。今回は従来品の『ウインターマックス02』と比較試乗ができたがその差は歴然。ブレーキを踏んでからの制動距離はもちろん、ハンドルを切った際の反応も格段によくなっていることを実感できた。

しかし、柔軟性のあるナノ凹凸ゴムを採用しているとなると不安になるのが、その寿命。いくら優れたスタッドレスでもすぐに寿命を迎えてしまうのでは本末転倒だ。その点も抜かりなく、ナノ凹凸ゴムは摩耗しても新たな凹凸構造が表面に出てくる仕組み。

しかも、ゴムと軟化剤の2面性を持つ「液状ファルネセンゴム」により、低温時の密着力とゴムの柔らかさをキープしているのだとか。つまり高い氷上性能が長く続く。

新しい発想でさらなる性能アップを実現したダンロップのウインターマックス03は、スタッドレスの進化を実感できる逸品といえる。

既存モデルと比較試乗

「【そろそろどう!?】スタッドレスタイヤって何が違うの? ダンロップのウィンターマックスを試乗チェック!」の1枚めの画像ウィンターマックス02


比べると違いは歴然。02はゆっくりアクセルを踏まないと空転してしまったが、03はそれほど神経質にならなくてもスムーズに発進できた。

ナノ凹凸ゴムの採用により、従来品と比べ氷上ブレーキ性能は22%、氷上コーナリング性能は11%アップを達成した。
サイプと呼ばれる細い溝が、氷上性能を高めている。その配置にも独自のノウハウが注ぎ込まれている。

全98サイズをラインアップ
13インチ〜20インチまで幅広いラインアップを誇る。スタッドレスだからといってインチダウンせずに済むのもうれしいポイントだ。

問:ダンロップ タイヤお客様相談室 0120-39-2788
https://tyre.dunlop.co.jp

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【そろそろどう!?】スタッドレスタイヤって何が違うの? ダンロップのウィンターマックスを試乗チェック!