近未来スタイルのクロスオーバーEV
日本デビューは2021年中頃予定

NISSAN/ARIYA
日産/アリア

NISSAN_ARIYA_フロント

アリアは来年中頃に発売が予定されている、日産のピュアEVのSUVだ。

エクステリアは先進的なデザインをまとっているが、ボディサイズはトヨタのRAV4に近く、SUVとしては扱いやすい大きさだ。

インテリアも近未来的で、メーターパネルは2枚の液晶ディスプレイからなり、ダッシュボードにはスイッチ類はなく、液晶ディスプレイやインパネにエアコンなどの操作アイコンが浮かび上がる。

アマゾンのアレクサも搭載されており、高度な音声認識を利用して、車内の電装品や自宅の家電を遠隔操作することも可能だ。

新開発されたEV専用のプラットフォームを採用し、薄型のバッテリーを床下に搭載しているため、室内はひとクラス上の広々とした居住空間と荷室を手に入れている。

アリアにはバッテリー容量が65kWhと90kWhの2タイプが用意され、それぞれに1モーターの前輪駆動と2モーターの4WDを設定している。

気になる航続距離は最も長い90kWhの前輪駆動車で610㎞、最も短い65kWhの4WDでも430㎞あるので、実用性は高い。

アリアはエコなだけではなく動力性能も優れており、90kWh(4WD)の0-100㎞/hの加速はシビック・タイプRの5.7秒を凌ぐ、5.1秒という速さを達成している。

先進安全装備も充実しており、高速道路ではハンズオフの走行を行うことができる。

また、狭い駐車場では車外からの遠隔操作により駐車ができるなど、一歩進んだEVライフが楽しめる内容となっている。

価格は補助金を利用すれば約500万円からとなる見込みで、現実的な価格帯を実現している。

NISSAN_ARIYA_リア
NISSAN_ARIYA_サイド

低く滑らかなルーフラインを採用したクーペSUV風のフォルム。アルミホイールは、写真の20インチと19インチを設定。

NISSAN_ARIYA_インパネ

上質な木目調のインテリア。電源を入れると2つのディスプレイが起動し、インパネにスイッチ類が白く浮かび上がる。

NISSAN_ARIYA_液晶ディスプレイ

メーターパネルはS字を描く2枚の12.3インチ液晶ディスプレイ。スマホやタブレットのようにピンチやスワイプなどもできる。

NISSAN_ARIYA_フロントシート

フロントシートには、長時間のドライブでも疲れにくいゼログラビティシートを採用している。センターコンソールも前後にスライドする。

NISSAN_ARIYA_リアシート

クラス的にはCセグメントに属するが、リアシートの広さも十分なもの。シートバックは6対4の分割可倒式。

NISSAN_ARIYA_ラゲッジ

5名乗車時のラゲッジスペースは、2WDで466L、4WDでも408Lの容量を確保。シートバックを倒せばフラットな空間が広がる。

【SPECIFICATION】

グレード名 アリア
全長×全幅×全高(㎜) 4595×1850×1655
バッテリー総電力量(kWh) 65 or 90
WLTCモード最大航続距離(㎞) 450〜610(2WD)、430〜580(4WD)
モーター最高出力[kW] 160〜178(2WD)、250〜290(4WD)
モーター最大トルク[Nm] 300(2WD)、560〜600(4WD)
乗車定員(名) 5
タイヤサイズ 235/55R19 or 255/45R20
価格未定

問:日産自動車お客さま相談室 0120-315-232
http://www.nissan.co.jp

スタイルワゴン2020年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈日産・アリア〉100%電気自動車の第2弾!  人気のクロスオーバー仕様で2021年中頃デビュー!