エアログレードに専用加飾
いま旬の特別仕様車を徹底解説

ALPINE STYLE/アルパインスタイル

ALPINE STYLE_ALPHARD_S TYPE GOLD&福岡R3碓井さん

Lクラスミニバン市場において、不動の人気を誇るアルファード&ヴェルファイア。

4月に発売された特別仕様車はアルファードが「タイプゴールド」、ヴェルファイアが「ゴールデンアイズ」と、それぞれ名称が異なる。

どちらもベースはエアログレードのスタンダードモデル。

両車共通の装備は高輝度塗装の18インチアルミホイール、ブラックインテリア(ルーフ、ピラー)、エグゼクティブラウンジSの専用アイテムとされていたメッキモール付きサイドマッドガードなどが特別装備される。

さらに機能面では両側パワースライドドア、パワーバックドア、コンソールボックス背面のアクセサリーコンセントなどが挙げられる。

そんな中でも一番の自慢となるのが3.5Lおよびハイブリッドのエグゼクティブラウンジだけに与えられていたブラックインテリア。

専用表皮のシートと相まって、内装の重厚感は格別。

これだけの内容を揃えながら、基準モデルからの価格アップは約33万円。

間違いなく、買うなら今でしょ!

ALPHARD_S TYPE GOLD_フロント
VELLFIRE_Z GOLDEN EYES_フロント

アルファードで特別装備をチェック!

フェイスまわり

3眼LEDヘッドランプを備えたタイプゴールド。Sではオプション設定そのものがないアイテムであり、スモークメッキ&ブラックエクステンションという専用の仕様も見逃せないポイントだ。

ALPINE STYLE_ALPHARD_S TYPE GOLD_フェイスまわり

外装はスモークメッキ化

メッキの使用範囲が広い30系後期だけに、スモークメッキ(ヴェルファイア用の呼称は漆黒メッキ)の演出効果はバツグン。さらにアルファードはフロントエンブレムにもゴールド仕上げが施される。

「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉アルパインスタイルでカスタムのベースグレード選び! 今選ぶなら“金”の特別仕様車でキマリ!」の1枚めの画像ALPINE STYLE_ALPHARD_S TYPE GOLD_エンブレム

内装はアル&ヴェル共通のブラック仕上げ

シートはバックレストと座面のセンター部がウルトラスウェード、両サイドが合皮というコンビ仕様。スマートキーのメッキ部分もゴールドメッキとなる。その他、コンソールボックスの天面にはメタルウッド(ガソリン車)を採用。

「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉アルパインスタイルでカスタムのベースグレード選び! 今選ぶなら“金”の特別仕様車でキマリ!」の1枚めの画像ALPINE STYLE_ALPHARD_S TYPE GOLD_シート生地

ヴェルファイアは目元がゴールド仕様

ヴェルファイアの3眼LEDヘッドランプはゴールデンアイズのネーミング通り、ベゼル部分がゴールド仕上げとなっている。LEDウインカーは前後ともシーケンシャル機構を備える(アルファードも同様)。

「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉アルパインスタイルでカスタムのベースグレード選び! 今選ぶなら“金”の特別仕様車でキマリ!」の1枚めの画像VELLFIRE_Z GOLDEN EYES_フェイスまわり

特別仕様車のトピックはココ

●内外装の専用装備
●ベースはエアログレード
●ガソリン車、ハイブリッド車あり
●乗車定員は7人乗り限定

車両価格(アルヴェル共通)

[ガソリン]424万〜449万5000円
[ハイブリッド]504万円

問:アルパインスタイル横浜246 042-850-7282
問:アルパインスタイル福岡R3 092-663-5680
https://www.alpine-style.jp

スタイルワゴン2020年8月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉アルパインスタイルでカスタムのベースグレード選び! 今選ぶなら“金”の特別仕様車でキマリ!