ノクターン号の運行再開・運行35周年を記念し期間限定のキャンペーンも実施

弘南バス.jpg

従来の「ノクターン号」は、東京では浜松町バスターミナル、品川バスターミナルを経由していた。しかし、施設建替え及び京浜急行バスの撤退なども重なり、利用者の待合環境が悪化することから両停留所を廃止することになった。そのため「バスタ新宿」を経由して横浜駅東口に向かうルートに変更する。

運行再開に合わせて、インターネットでの予約時に希望の座席位置を選択できるサービスを導入するなど、利便性の向上も図る。

運行再開と「ニューノクターン号」への改称を記念し、おとな片道5,000円となる割引運賃を設定するほか、パンダ号もキャンペーン割引運賃を実施する。また、開業35周年当日を迎える12月26日(日)は「35周年特別限定運賃」として、おとな片道3,000円とする。

弘南バスでは「ニューノクターン号」以外の首都圏方面への各路線でも、経由地や愛称変更を予定している。感染の収束状況に合わせて、順次、運行を再開する予定。


【弘南バス「ニューノクターン号」】の詳細

運行再開日

2021年12月2日(木)
※横浜、新宿発は翌3日(金)から再開
※予約受付は11月13日(土)から開始

改正点

・「バスタ新宿」に新規乗り入れ。五所川原・弘前~新宿・横浜にルート変更(浜松町、品川経由を廃止)
・インターネット予約時に希望の座席を選択可能に
・路線愛称を「ニューノクターン号」に変更
・京浜急行バス(横浜市)との共同運行から、弘南バスの単独運行に変更。それに伴い、京浜急行バスの予約センター、窓口、公式サイトでの予約、発券取扱いを終了

「ニューノクターン号」運行開始記念キャンペーン

対象:2021年12月2日(木)~12月23日(木)乗車分の全席
運賃:おとな片道5,000円、こども半額(小学生以下)
※通常運賃:おとな片道7,000~10,000円(乗車日によって金額が変動)

予約方法:インターネット、電話、当社窓口
※上記期間はパンダ号もキャンペーン割引運賃を実施

「ノクターン号」運行35周年記念キャンペーン

対象:2021年12月26日(日)乗車分の全席
運賃:おとな片道3,000円、こども半額(小学生以下)
予約方法:インターネット、電話、当社窓口

ニュースソース

弘南バス 35周年「ノクターン号」の運行再開とキャンペーン実施について


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 弘南バスが五所川原・弘前~東京・横浜線「ノクターン号」を改称し12/2から運行再開。バスタ新宿への乗り入れも開始