目次


有馬温泉ってどんな温泉地?

有馬温泉

有馬温泉は神戸市の北部に位置する、関西で屈指の温泉地です。

有馬温泉といえば、もっとも有名なのが「金の湯」。赤褐色の温泉で、鉄分を含む含鉄泉です。また、「銀の湯」と呼ばれる無色透明の温泉は、炭酸水素塩泉やラジウムを多く含む放射能泉。様々な泉質の温泉を楽しめるのが有馬温泉の魅力です。

東京から有馬温泉へ行くには、飛行機か新幹線で大阪または神戸まで移動し、普通列車か高速バスで向かうのが一般的です。



東京から有馬温泉へ新幹線でアクセス

新幹線で行くなら、東京から新大阪まで移動し、新大阪から高速バスに乗り換えるのがベストです。乗車時間は東京から新大阪までが約2時間30分、新大阪から有馬温泉へは約50分。

新幹線と高速バスともに運行本数が多いので、予定を立てやすいです。

ルート:東京~(新幹線)~新大阪~(高速バス)~有馬温泉
乗り換え:1回
乗車時間:約3時間20分
料金:16,120円(新幹線14,720円+バス1,400円)

※新幹線の料金は指定席・通常期
※2022年4月調べ



東京から有馬温泉へ飛行機でアクセス

飛行機で行くなら、東京から大阪国際空港(伊丹空港)か神戸空港のどちらかへ移動し、空港から有馬温泉を目指します。どちらの空港を利用しても飛行時間は10分ほどしか変わらず、約1時間10分~20分。

2022年4月現在、各空港から有馬温泉への直行バスは運休しているため、路線バスや電車を乗り継いで行く必要があります。

伊丹空港経由

ルート:羽田空港~(飛行機)~伊丹空港~(路線バス)~ 宝塚~(路線バス)~有馬温泉
乗り換え:2回
飛行・乗車時間:約2時間30分
料金:10,630円(飛行機9,810円+バス820円)

神戸空港経由

ルート:羽田空港~(飛行機)~神戸空港~(電車)~三宮~(高速バス)~有馬温泉
乗り換え:2回
飛行・乗車時間:約2時間5分
料金:11,240円(飛行機10,120円+電車340円+バス780円)

※2022年4月調べ

料金はどちらを経由してもあまり変わりがないという結果になりました。しかし、伊丹空港から有馬温泉へ行くほうが、飛行・乗車時間は短いです。


東京から有馬温泉へ高速バスでアクセス

高速バスで大阪や神戸を経由し、有馬温泉へアクセスする方法もあります。高速バスは運行本数が多く、料金が安いのが特徴です。大阪・神戸で観光してから、有馬温泉へ行くのもいいですね。

大阪経由

ルート:東京~(高速バス)~大阪~(高速バス)~有馬温泉
乗り換え:1回
乗車時間:約8時間25分
料金:4,400円(大阪行3,000円+有馬温泉行1,400円)

神戸(三宮)経由

ルート:東京~(高速バス)~三宮~(高速バス)~有馬温泉
乗り換え:1回
乗車時間:約8時間50分
料金:3,780円(三宮行3,000円+有馬温泉行780円)

※2022年4月調べ

東京~大阪・神戸間の高速バスは、時期によっては最安1,000円台の日もあります。
乗換時間を短くしたい方は、以下で検索してみてください。

有馬温泉への乗換便



東京から有馬温泉へのアクセスまとめ

新幹線+
高速バス
飛行機+バス 高速バス
乗車時間 約3時間20分 伊丹:約2時間30分
神戸:約2時間5分
大阪:約8時間25分
神戸:約8時間50分
料金 16,120円 伊丹:10,630円
神戸:11,240円
大阪:4,400円
神戸:3,780円
乗り換え 1回 2回 1回

※2022年4月調べ

東京から有馬温泉へ1番早く行けるのは「神戸空港経由・飛行機+高速バス」という結果でした!

一方、1番安く行けるのは「神戸経由・高速バス」という結果に。ただし乗車時間が長いので、時間に余裕がある方におすすめです。

運休中のバスもあるので普段よりはアクセスしづらいかもしれませんが、名湯に浸かってリラックスしに、ぜひ足を運んでみたいですね。



有馬温泉のバスツアーもおすすめ!

有馬温泉街.jpg

有馬温泉へ行くバスツアーも多数開催されています。東京から行くツアーもありますが、夜行バスで大阪や三宮まで行き、日帰りツアーに参加する弾丸旅もありかも。日帰りツアーなら0泊3日の旅も可能です!

もちろん有馬温泉で1泊するツアーもあるので、どんなツアーがあるか検索してみてくださいね。

「有馬温泉」へ行くバスツアーを検索する


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 東京から有馬温泉への行き方まとめ! アクセルルート別に所要時間・料金・乗換回数を比較。大阪発のバスツアーもおすすめ