九州から関東では所々でスギ花粉が飛散しています。今週末は花粉の飛散数が増えるでしょう。

●花粉飛散中

九州から関東では所々でスギ花粉の飛散が開始(飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日)しています。きょう16日は晴れて、花粉の数はまだ多くはないものの飛んでいます。

●週末は飛散数が増える

17日(水)と18日(木)は日本海側は広く雪が降り、太平洋側もグッと寒くなるでしょう。ただ、19日(金)以降は気温がグンと上がる見込みです。最高気温は九州から関東は15℃以上の所が多くなり、九州や四国は20℃以上になる所もあるでしょう。
花粉の飛散数も増えそうです。九州では20日(土)からは花粉が「非常に多く」飛ぶでしょう。四国や近畿で「多く」飛ぶようになり、中国、東海から関東で「やや多く」飛ぶ予想です。
スギ花粉が本格的に飛び始めそうです。花粉症の方はしっかりと対策をなさったほうが良いでしょう。

●飛散のピークは?

スギ花粉飛散のピークは、福岡で2月下旬から3月上旬、高松・広島・名古屋では3月上旬から中旬の予想です。大阪は3月上旬、東京は3月上旬から下旬となるでしょう。ピークの時期は例年並みとなる所が多い見込みです。金沢・仙台では例年並みの3月中旬から下旬にかけて飛散のピークとなるでしょう。