土曜日からの3連休、関東地方は天気に恵まれそうです。気温は前半は高めですが、月曜日はこの時期らしい気温に。日中でもヒンヤリと感じられそうです。

●関東 3連休は天気に恵まれる

日本付近は暖かい空気に覆われていて、きょう(19日)は全国的に季節外れの暖かさとなりました。あす(20日)も気温は全国的に平年より高い予想で、関東地方でも暖かさが続きそうです。あすの最高気温は、東京都心や水戸は24度で、9月下旬並み、横浜や千葉は23度で、10月上旬並みの予想です。さいたまは22度、宇都宮と前橋は21度といずれも平年を大きく上回る暖かさとなりそうです。ただ、あすは気圧の谷や前線の影響で、雲に覆われて、日中は雨のパラつく時間もありそうです。
ただ、あさって(21日)からの3連休は、関東地方は天気に恵まれそうです。あさって土曜日(21日)は大陸からの高気圧に覆われて、各地ともすっきりとした青空が戻るでしょう。街中でも色づいた木々の紅葉を楽しむことができそうです。日曜日(22日)と月曜日(23日)は、雲の広がる時間はありますが、大体晴れる見込みです。

●土曜日は日差し暖か 一方、月曜日はこの時期らしい気温に

季節外れの暖かさは、あす(20日)までですが、土曜日(21日)も平年より高い気温となりそうです。日中の最高気温は、東京都心は19度で、平年より4度高く、前橋も17度で、平年より2度高く、そのほかの各地も平年より3度前後高い気温となるでしょう。日差しがたっぷりとあるため、日中は暖かく感じられそうです。
日曜日(22日)も平年より高い気温の所が多いですが、月曜日(23日)は一転、気温が下がる予想です。日中の最高気温は東京都心で15度、前橋は13度と、ほぼ平年並みになるでしょう。日中でも羽織るものや、薄手のコートが必要になりそうです。また、日が落ちてからは、ぐんぐん気温が下がって、翌日火曜日(24日)の朝は、この時期らしく、東京都心でも10度を下回る冷え込みとなる予想です。連休最終日、お帰りの時間が遅くなる方は、暖かい上着を持ってお出かけください。