きょう13日(日)も秋雨前線や低気圧の影響で、広く大気の状態が不安定です。非常に激しい雨が降り、大雨となる所もあるでしょう。

●【天気】大気の不安定な状態が続く

きょう13日(日)も秋雨前線が西日本から北日本に延びています。また、日本海と関東沖にはそれぞれ低気圧があります。この前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、日本列島は大気の不安定な状態が続きそうです。
北海道は南西部を中心に雨が降るでしょう。東北は夕方から広く雨で、雨雲の流れ込みが続く、太平洋側を中心に大雨の恐れがあります。風も強まり、横殴りの雨の所もあるでしょう。関東は晴れ間がでますが、変わりやすい天気です。夕方以降は所々で雨や雷雨で、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。北陸は断続的に、東海は昼頃にかけて雨が降るでしょう。落雷や急な激しい雨に注意が必要です。近畿は午前中は雨や雷雨でしょう。四国や中国、九州は朝まで雨の降る所がありますが、次第に晴れ間がでそうです。沖縄は一時的に雨雲や雷雲のかかることがあるでしょう。

きょう13日(日)も所々で大雨に注意が必要ですが、局地的な大雨によって、危険な状態になるのは、自分のいる所に雨雲がかかる場合だけではありません。川の上流で局地的な大雨が発生すると、雨が降っていない下流でも、被害が発生する恐れがあります。
上流の局地的な大雨を知るポイントは3つです。1つめは、川の水かさが急に増えること、2つめは、川の水が濁ること、3つめは、木の枝などが流されてくることです。また、サイレンはダムを放流する合図なので、川のそばにいて、サイレンを聞いた場合も、必ず川から離れて下さい。

●【気温】北海道は秋本番の空気 関東は蒸し暑さ戻る

最高気温は、北海道は20℃に届かず、10月上旬並みの所が多いでしょう。羽織る物があると良さそうです。東北は27℃前後の所が多いでしょう。関東は32℃ほどで、きのうより大幅に気温が上がり、蒸し暑くなりそうです。こまめに水分をとり、室内では適切にエアコンを使うようにしましょう。北陸から九州、沖縄は30℃前後できのうと同じか低くなりそうです。