慶大、立大が雪辱=東京六大学野球

 東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第2日は21日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、慶大が東大に9―1、立大は法大に6―5で雪辱し、ともに1勝1敗とした。両カードの3回戦は27日か28日に実施予定。  慶大は一回に広瀬(3年、慶応)が先制2ラン、四回には山本(4年、浦和学院)も2ランを放った。増居(4年、彦根東)は7回1失点で通算12勝目。立大は5―5の延長十回に吉岡(4年、広陵)の右前打でサヨナラ勝ちした。 (了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...