東大、慶大に5年ぶり白星=東京六大学野球

 東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1日は17日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、東大が慶大を4―3で破った。慶大戦の白星は2017年秋以来5年ぶり、リーグ戦勝利は昨年秋の立大戦以来。法大は立大に6―4で先勝した。  東大は同点の五回に相手の暴投などで2点を勝ち越し、七回に宮崎(4年、開成)の二塁打で加点。先発の井沢(4年、札幌南)が6回2失点で通算2勝目を挙げた。  法大は0―0の四回に山根(3年、小松大谷)の満塁本塁打などで5点を奪い、継投策で立大の反撃をしのいだ。 (了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...