東京六大学野球春季リーグ戦第5週第3日は9日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が法大を2―0で下し、1勝1敗1分けとした。  明大は三回に上田(3年、愛産大三河)の2点適時打で先制。投げては蒔田(3年、九州学院)がリーグ戦初完封で今季3勝目を挙げた。  10日は、第4週で早大の1勝2分けだった東大との4回戦と、明大―法大の4回戦を行う。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 明大が法大下す=10日に4回戦2試合―東京六大学野球