東京六大学野球春季リーグ戦第5週第2日は8日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、立大が東大を3―2で下し、連勝で勝ち点2とした。明大と法大は延長十二回、規定により2―2で引き分け、法大の1勝1分けで3回戦に持ち込まれた。  立大は序盤に2点を挙げ、七回に山田(4年、大阪桐蔭)の適時二塁打で加点。その裏に1点差に迫られたが、継投で逃げ切った。明大は2点を追う九回に上田(3年、愛産大三河)、山田陸(4年、桐光学園)の連続適時打で追い付いた。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 立大連勝、勝ち点2=明大と法大は分ける―東京六大学野球