ソフトバンクの千賀、久々でも問題なし=プロ野球オープン戦

 ソフトバンクの千賀が、約2週間ぶりに登板して4回、73球を投げた。先頭打者本塁打を浴び、その後も慣れないマウンドで球が上ずったものの追加点は許さなかった。「自分の現状は分かった。無事投げられてよかった」と淡々と振り返った。四回は4番村上から154キロで空振り三振を奪うなど、速球やフォークには威力があった。  2月26日にオープン戦初登板した後、新型コロナウイルス濃厚接触者疑いとなった。登板間隔が空いても、開幕投手は不安を感じさせなかった。藤本監督も「開幕に向けて問題ないと思う」と安心していた。(了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...