【ロサンゼルスAFP=時事】米俳優エディ・マーフィさん(59)主演で1980年代にヒットしたコメディー映画『星の王子ニューヨークへ行く』の続編が、5日に公開される。(写真はエディ・マーフィさん)
 1988年公開の同作は、当時ハリウッドで固く信じられていた、黒人キャストが多い映画は海外では不振に終わるとの迷信を打破した。
 黒人のスーパーヒーローが活躍する2018年の映画『ブラックパンサー』が大成功を収め、この迷信が永久に葬り去られた今、マーフィさんは続編『星の王子ニューヨークへ行く2』を世に送り出す時が来たと考えた。
 ただマーフィさんは、多くのキャストを黒人が占める先の2作品の成功は、人種差別が絡む政治問題や歴史、また今日の「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」のような抗議運動への関心の高まりとは無関係だとみている。
 「私たちの映画の大半は、世の中の不公平性や社会不安に光を当てるものだ。(中略)だが世界では、そんなこと誰も気にしちゃいない」とマーフィさん。「『星の王子ニューヨークへ行く2』もそんなことには関係ない。ただ家族や愛、正しい行いをすること、そして伝統についての物語だ」
 続編は、マーフィさん演じるアフリカの架空の国の王子が今や王となり、かつて結婚相手を探したニューヨークを数十年後に再訪し、王位継承者となるべき生き別れた息子を捜すというストーリー。
 マーフィさんは先日の記者会見で、1作目が「映画史上初めて世界中で成功した、黒人だけが主要キャストを務めた映画」であることを誇りにしており、「同作の遺産は、あらゆる人が共感できるということだ」と語っている。
 『星の王子ニューヨークへ行く2』は5日、動画配信サービス「アマゾンプライムビデオで配信される。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/03/05-11:03)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「『星の王子NYへ行く』続編公開 「社会問題は無関係」とE・マーフィさん