【マサヤAFP=時事】密猟者がソーシャルメディアに投稿した、ジャガーの赤ちゃん2匹を海外に違法に売る計画を目にすると、ニカラグア国立動物園のエドゥアルド・サカサ園長は赤ちゃんの救出に立ちあがった。(写真は密猟者から救出されたジャガーの赤ちゃん。ニカラグアの国立動物園で)
 母親ジャガーを既に殺していた密猟者らは、条件付きで赤ちゃんの引き渡しに同意した──ダウクラ地方まで、当局者を引き連れずに来ること。
 サカサ氏は、カリブ海沿岸のプエルトカベサスに飛び、そこからガイド4人の助けを借り、車で移動し、船で川を上り、ある村にたどり着いた。
 赤ちゃん2匹と首都マナグアに戻ってきたサカサ氏はAFPに、「絶滅の危機にひんしている小さな動物を救いたい」と話した。
 「痩せている。牛の皮を餌として与えられていた」と嘆き、「(密猟者らは)2匹をホンジュラスに連れて行き、中国人に売るつもりだった」と説明した。
 同氏によると、昨年11月にハリケーン「エータ」と「イオタ」によって生息地が破壊され、人間の住む地域に野生動物が姿を見せるようになったという。
 今回救出された赤ちゃんジャガーは生後3か月の雄と雌で、27日にマナグア南部にある国立動物園に到着した。これから数日かけて寄生虫の駆除と健康診断を行う。
 サカサ氏によると、ジャガーはバク同様、ニカラグアで最も絶滅が危ぶまれる動物の一種だ。ニカラグアでは、ジャガーは主に大西洋沿いの森に生息している。
 国際自然保護連合(IUCN)はジャガーを、「近危急種」に指定している。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2021/01/29-15:25)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「動物園園長、密猟者から赤ちゃんジャガー2匹救出 ニカラグア