【ワシントンAFP=時事】第2次世界大戦のエースパイロットで、世界で初めて超音速飛行に成功したチャック・イエーガー氏が7日、死去した。97歳だった。イエーガー氏は、ハリウッド映画『ライトスタッフ』の登場人物のモデルとなったことでも知られている。(写真は米空軍パイロットのチャック・イエーガー氏。米空軍提供)
 イエーガー氏の妻ビクトリアさんはツイッターで、イエーガー氏が米東部標準時7日午後9時(日本時間8日午前11時)前に亡くなったことを知らせた。死因は明らかにしなかった。
 イエーガー氏は1923年2月13日、米ウェストバージニア州マイラで生まれた。1941年9月に陸軍航空隊に整備士として入隊し、その後パイロットの資格を取得した。
 1947年10月14日、イエーガー氏が搭乗するベルX1は、高度1万3700メートルでB29爆撃機から切り離され、マッハ1.06を記録した。
 イエーガー氏は1975年に米空軍を退役。総飛行時間は1万時間を超え、搭乗した軍用機は約360種類に上った。
 1973年には国立飛行殿堂入りした。晩年まで飛行を続け、89歳の時にも音速を超えている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/09-10:06)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「世界初の音速超え、チャック・イエーガー氏死去 97歳