【ロンドンAFP=時事】英王室は1日、エリザベス女王(94)が例年のようにクリスマスを家族と一緒に過ごすことを見合わせると発表した。女王は高齢のために、新型コロナウイルス流行期間の大半を自主隔離した状態で過ごしている。(写真はエリザベス女王とフィリップ殿下。英サンドリンガムにて)
 エリザベス女王と夫のフィリップ殿下(99)は通常、親族と共にイングランド東部にあるサンドリンガム離宮でクリスマスを過ごす。
 王室は、「女王と殿下は、すべての適切な助言を検討した結果、(ロンドンの西に位置する)ウィンザー城で静かに今年のクリスマスを過ごすと決めた」と発表した。
 エリザベス女王は今年3月19日、新型コロナウイルスの流行発生に伴い、公務を延期し、首都ロンドンのバッキンガム宮殿からウィンザー城に移動した。
  チャールズ皇太子とその息子のウィリアム王子も、新型コロナウイルス感染症の軽度の症状を示して以来、周囲とは距離を置いている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2020/12/03-12:38)

情報提供元:時事ドットコム ワールドアイ
記事名:「エリザベス英女王、クリスマスを家族と過ごさず コロナ禍で