yahoo

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発

2022.11.22 14:16
rss PRワイヤー
マネー
コメントする
<早稲田大学・ZOZO研究所 共同研究成果>
2022年11月22日
学校法人早稲田大学
株式会社ZOZO NEXT
  • 詳細は早稲田大学のWEBサイトをご覧ください。
  • 発表のポイント
  • Web
  • サイト等でファッションを検索しようとすると、ファッション特有の曖昧な表現で説明されていることから、利用者が求める検索結果にたどり着くことが難しい。
  • ユーザーからの質問は多岐にわたるとともに曖昧な表現も多く含まれることから、ファッションの売り手など専門家にとっても回答は容易ではない。
  • これらの問題を解決するため、全身コーディネート画像とファッション特有の曖昧かつ多様な表現を自動的に学習・解釈し、それらの関係性を明らかにすることで、ユーザーからの抽象的な問いに対する回答を獲得できるAIを用いた新技術「Fashion Intelligence System」を開発した。
    新技術の導入により、ファッションに関するユーザーの着る服や購買するアイテムなどの選択・行動を支援することが期待されている。
    【画像:
    https://kyodonewsprwire.jp/img/202211220173-O2-wIs3y2QB
  • 早稲田大学(東京都新宿区、総長:田中愛治)大学院創造理工学研究科
  • 博士後期課程および株式会社ZOZO NEXT(本社:千葉県千葉市、代表取締役CEO:澤田宏太郎)の研究開発組織、ZOZO研究所に在籍する清水良太郎(しみずりょうたろう)、
  • 早稲田大学理工学術院の後藤正幸(ごとうまさゆき)教授
  • 、およびZOZO研究所の斎藤侑輝(さいとうゆうき)、松谷恵(まつたにめぐみ)による研究グループは、ファッションへのイメージをAIが自動で解釈し、ユーザーからの曖昧な問いに対して回答する「Fashion Intelligence System」という新たな技術を開発しました。
    本研究成果は、オランダのエルゼビア社が発行する『
  • Expert Systems with Applications
  • 』に
    2022年11月17日(現地時間)にVersion of Record(最終公開版)として公開されました。
    論文名:
  • Fashion Intelligence System: An Outfit Interpretation Utilizing Images and Rich Abstract Tags
  •  
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間