2021年2月16日

各位

JA三井リース株式会社

 

「水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)」への参画について


 JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:古谷周三、以下「JA三井リース」)は、12月7日に設立された、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会(英語名:Japan Hydrogen Association 略称:JH2A)」に参画しましたので、下記の通りお知らせいたします。

 



 

1.参画の目的

JA三井リースは、企業活動を通じた社会・環境課題への対応として、日本水素ステーションネットワーク合同会社への資本参画や燃料電池自動車のリース等を通じ、水素社会の実現による脱炭素化の推進に取り組んでおります。

今般、 「サプライチェーン全体を俯瞰し、業界横断的かつオープンな組織として、社会実装プロジェクトの実現を通じ、早期に水素社会を構築する」とのJH2A設立の趣旨に賛同し、参画を決定いたしました。

JA三井リースは、JH2Aの活動を通じて、志を共にする他の参画事業者とともに、水素社会の実現・実装による社会との共通価値の創造を目指してまいります。

 

2.JH2A概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103460/202102161093/_prw_PT1fl_zlLbv335.png

 

【本件に関するお問い合わせ先】

JA三井リース株式会社 経営企画部 広報IR室 電話:03-6775-3002 以上

 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)」への参画について