2021年1月8日
NTTレゾナント株式会社

お知らせ

「goo地図」、生活に身近な店舗や施設の混雑情報を掲載開始
~東京都主催「施設系混雑ワーキンググループ」の第1号事例~
https://map.goo.ne.jp/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)は、本日より、「goo地図」上の店舗・施設情報ページに「混雑情報」を掲載開始します。これにより、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策の一助として、ユーザーの混雑回避行動を支援します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012218963-O1-M17PtZ9k】 イメージ
1. 背景
 「goo地図」は、かねてより、地図情報の総合サイトとして、幅広い情報との連携を進めてきました。特に2020年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策への関心が高まっていることを受け、テイクアウト・デリバリーに対応した飲食店情報、web予約対応の病院情報など、コロナ禍にあるユーザーに今必要な情報の充実に注力。2020年10月には、東京都の「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示している店舗・施設情報にも対応しています (*2)。
 この取り組みの一環で、「goo地図」は店舗や施設の混雑情報の掲載に向けて検討を進めていました。そのなかで、NTTレゾナントは東京都が主催し、Withコロナ時代の3密回避への寄与を目的とする「施設系混雑WG」の活動を知り、協力事業者に応募。2020年12月1日(火)付で、東京都と「施設系混雑ワーキンググループに係る包括連携協定」を締結し、「goo地図」提供事業者として本協定の協力事業者に採択されました。
 そして、同じく連携協定を締結し、混雑情報を扱うサービスを提供している株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、代表取締役社長:穐田 誉輝、以下ロコガイド)と、互いのサービスを生かした連携を協議し、このたび「goo地図」における混雑情報の掲載に至りました。なおこの取り組みは、連携協定に基づく「施設系混雑WG」の第1号事例となります。

2. 「goo地図」における混雑情報の掲載について
 「goo地図」上の店舗・施設情報ページにおいて、各店舗・施設の周辺混雑状況から推測した混雑予想・傾向を確認できます。過去データに基づいた曜日別・1時間ごとの傾向を、「空いている」「やや混んでいる」「混雑している」の3段階で表示します。なお、店舗や施設の混雑情報は、ロコガイドから提供を受けています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012218963-O2-kaxQG7ZL
混雑情報掲載イメージ

 混雑情報が掲載されているのは、スーパーマーケットやドラッグストアなど、日常生活に身近な店舗や施設が中心です。また、「goo地図」で既に提供している「感染防止徹底宣言ステッカー」掲示店舗情報と併せることで、新型コロナウイルス感染症対策を講じている店舗や施設を、混雑を避けて利用する際の参考になります。
 
 2021年1月7日(木)付で1都3県を対象に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が行われ、よりいっそう3密回避への意識向上が求められる状況において、「goo地図」は混雑情報の提供を通じて、ユーザーの混雑を避けた行動を支援します。

3. 今後について
 「goo地図」は、今後も混雑情報のさらなる充実に努めます。また、コロナ禍においてニーズが高まっているオンライン診断が可能な病院情報、プライベートオフィスなどの情報掲載にも対応していく予定です。

【各関連プレスリリース】
東京都: https://www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp/ 
株式会社ロコガイド: https://locoguide.co.jp/news/20210108/



【補足】
(*1) 関連プレスリリース
NTTレゾナント、東京都主催「施設系混雑ワーキンググループ」の協力事業者に採択決定
(*2) 関連プレスリリース
goo地図に「感染防止徹底宣言ステッカー」掲示店舗・施設情報を掲載開始



※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「goo地図」、生活に身近な店舗や施設の混雑情報を掲載開始