TOKYO, Feb 9, 2021 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、引火性ガスの中でも自らが出す電気火花や熱などでの爆発や火災を引き起こす危険性を抑えた「防爆無人搬送車(AGV(注1))」について、操縦が省力化できる磁気誘導式を採用した新たな機種を開発し、このほどお客様への初号機納入を完了しました。爆発性雰囲気(注2)となり得る状況下において、重量物運搬作業の自動化による製造工程の合理化を可能にするとともに、作業に関わる人員を削減することで安全性の向上にも貢献します。

この防爆AGVは、工場電気設備防爆指針(注3)「Ex2018」に準拠した防爆設計により製造され、可燃性ガスのある危険場所(Zone1)で安全に使用することが可能です。磁気誘導式を採用したことにより、床面に敷設した磁気テープを読み取って操縦不要で走行でき、最大牽引能力は800kgです。また、指定場所で牽引物を自動着脱するようカスタマイズすることや、バッテリーを交換することで稼働率を高めることも可能です。自家用車や公共交通機関などで幅広い使用実績があり、耐圧防爆構造に適用できるバッテリー種別であるニッケル水素電池を採用しており、安全性・信頼性ともに高いものとなっています。さらに、安全運用のためのセンサー(接触型および非接触型)が複数設置されており、衝突防止などの安全性向上にも配慮した製品となっています。

今回の開発は、当社が原子力発電プラント事故収束支援活動などで成果を挙げた防爆移動型ロボットの設計技術をベースに、名古屋市の愛知機械テクノシステム株式会社が保有する磁気誘導式AGVの設計・製造技術を統合して行われました。三菱重工は、防爆技術を活用した新たなソリューション提案を通じ、生産工程の合理化、安全性向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/210209.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱重工、磁気誘導式の防爆無人搬送車(AGV)を開発、初号機を納入