TOKYO, Feb 5, 2021 - (JCN Newswire) - NECは、片平エンジニアリング・インターナショナル(以下 KEI)と日本開発政策研究所が受注した、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する技術協力プロジェクト「バングラデシュ国 ダッカ市都市交通料金システム統合のためのクリアリングハウス設立プロジェクト(フェーズ2)」において、料金システムの統合に向けたシステム設計を受注しました。KEIとの本開発により、現在ダッカ市で建設中の軌道系都市交通システム(MRT)での交通系共通ICカードの利用が可能となり、乗降客の利便性に貢献します。

NECは2014年10月に同プロジェクトのフェーズ1をKEIと共同で受注し、ダッカ市における複数の公共交通機関を共通のICカードで利用できる交通料金徴収システム(クリアリングハウス)の構築に貢献しました。構築されたシステムは路線バスを対象に利用されています。

共通ICカードを路線バスだけでなく、2021年12月部分開業予定のMRT6号線においても共通利用できるようにするため、クリアリングハウスをMRTの料金システムに対応させる必要があります。NECはフェーズ1の経験と、多くのプロジェクト実績ノウハウを活かし、本共通利用に向けたシステム標準化設計を行います。MRT6号線は全長約20kmのプロジェクトで、開業時には1日48万人の利用が想定されています。

NECは香港やシンガポール、インドなどアジア各国で高度交通運用管理システムを提供した実績を活かし、今後も「NEC Safer Cities」(注)のもと、安全・安心で効率的な交通インフラの整備に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202102/20210205_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、バングラデシュ国ダッカ市の交通料金システム統合に向けたシステム設計を受注