TOKYO, Nov 10, 2020 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(以下 NEC)と株式会社三井住友銀行(以下 三井住友銀行)の共同出資により設立した株式会社ブリースコーポレーション(以下brees 注1)は、株式会社ファミリーマート(以下 ファミリーマート)が展開する全国の店舗において、スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス(名称:「PAYSLE(ペイスル)」)の取り扱いを、本日より開始しましたのでお知らせします。ファミリーマートでの「PAYSLE」取り扱いは、まず 東京電力エナジーパートナー株式会社(以下 東京電力エナジーパートナー)の料金収納より開始し、順次様々な請求事業者へと取り扱いを拡大してまいります(注2)。

「PAYSLE」を取り扱うコンビニエンスストア(以下、コンビニ)は、2017年9月にミニストップ株式会社(以下 ミニストップ)、2017年12月に株式会社セコマ、2018年7月に株式会社ローソン(以下 ローソン)、2018年12月に株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下 セブン‐イレブン)と拡大しており、今回、ファミリーマートでの取り扱い開始により、国内コンビニ店舗の約95%で「PAYSLE」の利用が可能となります。さらに、コンビニ収納サービスを取り扱う各社では、山崎製パン株式会社、株式会社しんきん情報サービス、株式会社ポプラ、国分グローサーズチェーン株式会社にて取り扱いを検討中です。

また、「PAYSLE」を利用可能な請求事業者については、東京電力エナジーパートナー (注3)の電力業界をはじめ、携帯キャリア、生命保険、クレジット、エンターテイメント、後払いサービスなど、多様な業界での「PAYSLE」導入が進んでいます。これに加えてガスや水道などの公共料金、教育、不動産管理、物流、EC構築など多様な業界の企業・団体へと導入を拡大していく予定です。

「PAYSLE」を利用した決済サービスは、現在、SMBCファイナンスサービス株式会社、株式会社電算システム、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、SMBC GMO PAYMENT株式会社の各決済代行会社より提供を行っております(注4)。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202011/20201110_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NECと三井住友銀行の共同出資会社、ファミリーマートにおけるコンビニ収納サービス「PAYSLE」を取り扱い開始