TOKYO, Nov 10, 2020 - (JCN Newswire) - 国立大学法人東京医科歯科大学(注1、以下 東京医科歯科大学)と株式会社富士通研究所(注2、以下 富士通研究所)はこのたび、2020年5月から2023年3月まで実施の文部科学省のスーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラム(注3)において、「大規模データ解析と人工知能技術によるがんの起源と多様性の解明」をテーマに、スーパーコンピュータ「富岳」(注4)上で、発がんに関連している可能性の高い遺伝子間の影響関係を表すネットワークの推定と富士通研究所の説明可能なAI技術「Deep Tensor(ディープ テンソル)」(注5)を用いたがんの浸潤や転移との関連を予測する計算を1日以内で実現しました。

これまで、遺伝子データからがんの病態に関連する可能性の高い遺伝子の動作を表すネットワーク構造を抽出してがんの病態を予測する計算は、大学などで利用可能なスーパーコンピュータを用いても数カ月かかっていました。そのため、個々の遺伝子レベルではわからない新たながんのメカニズムを発見し、研究の中に取り入れることが困難でした。

今回、「富岳」を用いて、2万個の遺伝子データ解析から上皮性がん細胞における遺伝子間の影響関係を表すネットワークを抽出し、さらに富士通研究所の「Deep Tensor」を用いてがんの浸潤や転移との関連を予測し、その予測根拠を提示することができるようになりました。

東京医科歯科大学と富士通研究所は、今後、がんの起源や多様性の獲得の解明に貢献するとともに、スーパーコンピュータ「富岳」の特色であるAI分野での活用を加速させ、産業競争力の強化へ貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/11/10.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「東京医科歯科大学と富士通研究所、「富岳」を用いてがんの遺伝子ネットワーク分析を1日以内に実現