TOKYO, Nov 5, 2020 - (JCN Newswire) - 日本電気株式会社(以下NEC)および株式会社コアミックス、有限会社ル・スポールは、SSMRビジネス推進コンソーシアム(https://ssmr.jp、注1)を通じて、「空間音響MR (TM)(Space Sound Mixed Reality、以下SSMR)」を活用した観光案内サービスを、山形県米沢市で2020年11月6日から開始します。SSMRは、音響定位技術やAR(拡張現実)技術を活用したもので、2020年2月に香川県の善通寺でサービス実証を行いましたが、商用サービスへの導入は今回が初めてです。

本サービスでは、専用イヤホンから流れる音声と、スマートフォンを活用したAR映像を組み合わせて、現実世界の風景とバーチャル空間を融合させながら、観光名所のガイドを行います。今回SSMRを用いて提供するコンテンツは、米沢で晩年を過ごした戦国時代の武将、前田慶次を描いた漫画「花の慶次」のキャラクターによるナビゲーションを楽しみながら観光名所を巡るサウンドアトラクションです。「道の駅米沢」をスタートし、堂森善光寺(どうもりぜんこうじ)、慶次清水(けいじしみず)、上杉神社と3か所を巡ります。

本サービスは利用者個々のスマートフォンの位置情報に基づいて音声ガイドが流れるため、集団での行動を避けながら観光名所を巡ることが可能となっており、New Normal時代の観光スタイルを実現します。また、デジタル技術の活用により地域の観光資源に新たな価値を加えることで、観光産業や地域経済の活性化に貢献します。

SSMRは、NEC独自技術である音源を空間に仮想的に固定する音響定位技術を活用しています。顔の向きに関わらず一定の方向から音が聞こえるため、周囲のモノから実際に語り掛けられているような効果を演出することができます。また、仮想的なエリアの境界を作るジオフェンスを独自ノウハウに基づき設定し、利用者の詳細な位置情報や動きに基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御します。さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202011/20201105_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


Copyright 2020 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「NEC、コアミックスとル・スポールと共に「空間音響MR(TM)」を活用した観光案内サービスを米沢市で開始