三光合成<7888>は大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は18.5億円で前年同期比2.9倍となり、通期計画20億円に対する進捗率は92.4%に達している。年間配当金も従来計画の8円から11円に引き上げている。ただ、上半期営業利期は14億円の水準であったため、第3四半期実績値の水準は十分に織り込み済みとみられる。前日にかけても決算期待が高まっていたため、出尽くし感からの利食い売りが優勢となっているもよう。 <ST>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 三光合成---大幅反落、第3四半期好決算発表も想定線で出尽くし感優勢に 」