ウインテスト<6721>はストップ高買い気配。前日に20年7月期の決算を発表、営業損益は5.4億円の赤字で、前年同期比1.9億円の損益悪化となった。一方、21年7月期は7.8億円となる見通し。前期からずれ込んだ受注案件、現在有力顧客との間で進めているベンチマークの状況や複数の大手顧客からの引き合い状況が反映されているもよう。
黒字転換期待はあったものの、水準は想定以上との見方になっている。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ウインテスト---ストップ高買い気配、今期の大幅黒字転換見通しがインパクトに