■株主還元策

株主還元策として、タナベ経営<9644>は配当金と株主優待制度を導入している。配当金に関しては配当性向60%を目安に、業績等を勘案(特殊要因は除く)しながら検討していくとしている。2021年3月期は減益見込みながらも前期比横ばいの43.0円(配当性向75.6%)を予定している。

また、株主優待制度として毎年9月末時点の100株以上の保有株主に対してオリジナル手帳「ブルーダイアリー」を1冊(3,000円相当)贈呈している。2020年8月4日の株価水準(1,300円)を基準にすると、配当利回りは3.3%、株主優待も含めると5.6%の投資利回りとなる。


■情報セキュリティ対策

同社はインターネットを使って会員各社や提携先金融機関等に対し、各種の経営情報を提供している。情報セキュリティ対策として、想定されるシステム障害に対して、ファイアウォール等による外部アクセス制御や監視・認証機能の強化、ウイルスチェック、データのバックアップ、ミラーサーバーの構築などの対応策と障害時の復旧体制を構築している。また、顧客情報管理についても、情報漏えい防止策として社内の情報管理体制をハードウェア、ソフトウェア両面から厳しく整備すると同時に、社員への啓発、意識向上の活動に取り組んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


<NB>

情報提供元:FISCO
記事名:「タナベ経営 Research Memo(10):配当性向は60%を目安に安定的かつ収益成長に応じた配当を継続していく方針