28日の東京外為市場でドル・円は小じっかり。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化を受けたドル買いが先行し、早朝に115円27銭を付けた後は上昇基調に。また、日経平均株価の大幅高による円売りで、ドルは午後に115円67銭まで値を上げた。

・ユーロ・円は128円46銭から128円80銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.1125ドルから1.1155ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円115円60-70銭、ユーロ・円128円70-80銭
・日経平均株価:始値26,429.85円、高値26,764.85円、安値26,289.69円、終値26,717.34円(前日比547.04円高)

【要人発言】
・黒田日銀総裁
「各国の経済・物価情勢の差異により金融政策の方向性が変わる」
「FRBの政策切り替えは適切」
「為替はファンダメンタルズを反映し安定推移が望ましい」

【経済指標】
・日・1月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.3%(予想:+0.3%、12月:+0.5%)


<TY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 東京為替:ドル・円は小じっかり、夕方に一段高