本日のマザーズ先物は反発が予想される。16日の米国株式市場は、寄り付き前に発表された経済指標の良好な結果を受けて、景気回復期待が再燃し、上昇して寄り付いた。しかし、新規失業保険申請件数の増加で雇用や景気回復への懸念がくすぶったほか、金利先高感を警戒した売りに下落に転じた。ユダヤ教の祭日で参加者が限られる中、押し目買いも強く、引けにかけて下げ幅を縮小、ナスダックは上昇した。本日のマザーズ先物は米ナスダックやナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、反発でのスタートが予想される。国内では、日本経済新聞がリーガルテックの利便性に関して前向きな記事を掲載しており、弁護士ドットコム<6027>やFRONTEO<2158>などリーガルテック関連銘柄が相場を下支えすることが期待されよう。日足チャートでは、25日線を下支えに75日線の回復が争点となりそうだ。本日の上値のメドは1150.0pt、下値のメドは1090.0ptとする。

<FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 マザーズ先物見通し:反発、リーガルテックが下支え、75日線の回復が争点