2日の日経平均は大幅に反発した。ローソク足は200日線の11.12円下まで上ヒゲを伸ばして大陽線を示現。大引けは497.43円高と先週末の下落分498.83円のほぼ全値戻しとなった。株価下では5日線が下降を続けたほか、一目均衡表の転換線も下向きで終了しており、下落圧力の残存が気になるところだが、本日はストキャスティクスの%Kが%
Dを下から上に抜いており、目先は200日線回復とその後の戻り継続が期待できよう。 <FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 日経平均テクニカル:大幅反発、先週末の全値戻しで200日線接近