22日午前の東京市場でドル・円は110円20銭近辺で推移。今日、明日は東京市場が休場となるため、アジア市場における主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられる。欧米株高を意識してドル・円は110円近辺で下げ渋る状態が続くとみられる。ユーロ・ドルはもみ合い、1.1788ドルから1.1798ドルで推移。ユーロ・円はやや上げ渋り、129円90銭から130円14銭で推移。

<FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 東京為替:東京市場休場で動意薄の状態が続くか