ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州における新型コロナウイルスの感染流行は終息していないものの、ユーロ諸国の財政統合への期待は持続しており、経済情勢も改善傾向にあることから、リスク回避的なユーロ売り・円買いがすみやかに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加
・欧州経済のすみやかな回復は期待薄との見方
・米中関係の悪化

【ユーロ買い要因】
・欧州各国における経済再開
・欧州復興基金創設への期待
・ウイルス感染拡大の抑制


<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク回避的なユーロ売り・円買いがすみやかに拡大する可能性は低い見通し