5日午前の東京市場でドル・円は、105円50銭台で推移。日経平均は142円安で午前の取引を終えた。下げ幅はやや縮小していることから、株安を意識したドル売りは一服しつつある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円51銭から105円80銭、ユーロ・ドルは1.1793ドルから1.1815ドル、ユーロ・円は124円63銭から124円83銭。

■今後のポイント
・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念
・米中対立の長期化懸念
・米雇用情勢のさらなる改善は期待薄との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値41.63ドル 安値41.47ドル 直近値41.57ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:株安一服、ドル・円は105円台半ば近辺でのもみ合いが続く