欧州市場でドル・円は底堅い値動きとなり、110円台を回復。米10年債利回りが下げ渋り、ドルの買戻しが進んだ。一方、欧州株や米株式先物は引き続き軟調地合いで、株安を嫌気した円買いに振れやすい。ただ、米中合意署名への期待感を背景としたリスクオンのムードが円買いを弱めている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円88銭から110円05銭、ユーロ・円は122円38銭から122円57銭、ユーロ・ドルは1.1130ドルから1.1144ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の下げ渋りで