14日の日経平均は3営業日続伸した。ローソク足は3本連続の陽線を引いてマドを空けて終了し、買い意欲の強さを窺わせた。終値は心理的な節目の24000円を超え、5日線と25日線が短期ゴールデンクロス(GC)を形成。一目均衡表の転換線が上向きくとともに、パラボリックが陽転したこともあり、上昇トレンド延長を示唆している。ボリンジャーバンドでは、終値が+1σを上回って終了。8日の一時-2σをボトムとした上昇トレンドが続いており、+2σ側へのシフトが期待できよう。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:3日続伸、短期GC示現しパラボリ陽転