大幅に5日続伸。21年5月期の営業利益を従来予想の6.60億円から8.20億円(前期実績7.11億円)に上方修正している。製品ポートフォリオの改善と生産の効率化、全社的な経費削減などの推進で利益を押し上げる見込み。第2四半期累計(20年6-11月)は前年同期比4.2%減の3.80億円で着地している。システム製品事業が伸びる一方、要素部品事業で民間企業向け研究開発分野や産業分野が弱含み減益となったが、会社計画
(1.95億円)を上回った。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「シグマ光機---大幅に5日続伸、21年5月期の営業利益予想を上方修正、製品ポートフォリオを改善