急落。東証が17日から信用取引に関する規制措置を強化し、新規の売付及び買付に係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)としている。日証金も増担保金徴収措置として貸借担保金率を70%(うち現金40%以上)に変更した。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「メディアL---急落、信用取引の規制措置強化を嫌気