大幅に続伸。国立がん研究センターと新型コロナウイルスの予防を目的としたSARS-CoV-2抗原パルス自家樹状細胞ワクチンの開発に向けた共同研究契約を締結したと発表している。世界で開発が進む一般的なワクチンと異なり、この自家樹状細胞ワクチンは体内でウイルスに感染した細胞そのものを殺傷、除去することを期待するものという。また、長期的な予防効果が見込まれるとしている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「MDNT---大幅に続伸、国立がん研究センターと新型コロナワクチン開発で共同研究契約締結