yahoo

20日のNY市場は上昇

2022.07.21 06:30
rss FISCO
マネー
コメントする

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;31874.84;+47.79
Nasdaq;11897.65;+184.50
CME225;27575;-105(大証比)
[NY市場データ]
20日のNY市場は上昇。ダウ平均は47.79ドル高の31874.84ドル、ナスダックは184.50ポイント高の11897.65で取引を終了した。先週分の住宅ローンの需要が22年ぶりの低水準に落ち込んだほか、6月中古住宅販売件数が2年ぶりの最低となり、国内経済の減速を警戒した売りに、寄り付き後、下落。旅行関連株の買いに支えられ、ダウはプラス圏に改善も、イタリアの複数の政党がドラギ首相の支持を拒否し、政権崩壊リスクが高まったとの報道をきっかけに、世界経済に悲観的な見通しが再び重しとなった。しかし、ハイテク株の買戻しが続きダウを支援し、主要株式指数はプラス圏で終了。セクタ—別では半導体・同製造装置、小売りが上昇した一方で、ヘルスケア機器・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比105円安の27575円。ADRの日本株はソニーG
<
6758>、ファナック
<
6954>、ソフトバンクG
<
9984>、ファーストリテ
<
9983>、任天堂
<
7974>、HOYA
<
7741>、富士通
<
6702>、TDK
<
6762>、オムロン
<
6645>など、対東証比較(1ドル138.25円換算)で全般冴えない。 <FA>
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間