8月25日に205円まで急伸したものの、長い上ヒゲを形成する形でピーク感を強めた。その後の調整で急伸部分は帳消しとなったものの足元で緩やかなリバウンドを継続しており、再び8月の戻り高値水準を意識したトレンドを形成。一目均衡表では雲上限を上放れ、遅行スパンは上方シグナルを発生させている。
<FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 土屋HD---リバウンド継続で8月戻り高値水準に接近