足元でリバウンド基調が強まってきているが、週間形状では13週、26週線が支持線として機能しており、52週線を捉えてきている。18年11月以降、上値を抑えられていた52週線を突破してくるようだと、長期トレンドの転換が意識されてきそうである。週足の一目均衡表では雲を下回って推移しているが、転換線、基準線を突破し、雲下限を捉えてきている。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「出光興産---長期上値抵抗とされる52週線を捉える