yahoo

世界経済フォーラム、二つ目の三一重工工場をグローバル・ライトハウス・ネットワークに追加

2022.10.19 12:30
rss Dream News
マネー
コメントする
2022年10月19日、中国、長沙 /PRNewswire/ -- 世界を牽引する最先端機器の製造業、三一重工(SANY Heavy Industry、通称「サニー」)は現在、権威ある世界経済フォーラム(WEF)のグローバル・ライトハウス・ネットワーク(GLN)[
https://www.weforum.org/projects/global_lighthouse_network
] の一環として、二つの認可された世界最先端「ライトハウス工場」を所有しています。長沙にある第18工場は、北京にある三一重工のドリル機器工場に次いで、10月11日に世界の重工業で二つ目に認可されたライトハウス工場です。
【画像
https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000268465&id=bodyimage1
マッキンゼーとのコラボレーションにて創設されたGLNは、世界中のライトハウス工場を把握しています、デジタル産業及びグローバリゼーション4.0の先駆者であり、インテリジェント・マニュファクチュアリング(IM;知的な製造業)及びデジタル化の最高水準を象徴しています。
重工業市場及びマルチ・バラエティではありますが、未だ少量生産の重量部品におけるサイクル変動の挑戦に応じるべく、三一重工は柔軟性のあるオートメーション産業、AIに十分に梃入れしてきました、IoTソリューションも拡大してきました。その結果、第18工場における重量部品のデジタル化されました、柔軟な製造システムが確立され、その改善は顕著なものです。三一重工は123%の生産能力の拡大、98%の生産性の増大、及び29%のユニット製造コストの削減を達成しました。
「世界の重工業には、ライトハウス工場は2つしかなく、その双方が三一重工のものです。二つ目の認可を得たことは、先進的製造業及びデジタル変遷において、我々の専門的技術を世に知らしめ、我々の偉大な業績を実証することとなりました。」と、三一重工の会長向文波氏は言います。
この7月、三一重工はMITテクノロジー・レビューにおける「最も賢明な50社」の1つに選ばれました。一方で、第18工場は「最も賢明な」重機ライトハウス工場になりつつあります。
- 10万平方メートルの工場では、パンプ・トラック、トレイラー・パンプ、及びトラックを搭載したパンプが生産されています。これらの市場シェアは例年、世界的にも最高となっています。
- この工場の9つの主たる製造プロセス及び32の典型的な製造シナリオは、フル・オートメーション(完全自動)を達成しています。
- この工場で製造されたすべてのパンプは、製造されると直ちに独自の「IDカード」を取得し、「工場のブレーン」であるMOMからすべての創造工程へと知的な方法で配送されます。この工場は、インテリジェント・マニュファクチュアリングのあらゆる要素を備えています。
- スチール部品の切断及び仕分けのすべては3Dビジュアルを有するAIロボットによって成し遂げられます。その精度は1mmに及び、60%の時間節約となるうえ、資材廃棄物を半分に減らせます。
- 工場中に配備された1540のセンサーと完全なネットワークでつながった200のロボットが、毎日30テラ・バイト以上のビッグ・データを生み出しています。
- アーク・トラッキング技術により、全長3.7メートル、重量2.6トンのパンプ・トラック回転台ができたことで、業界で初めて、備品の自由な取扱いと溶接が実現しました。
三一重工は5億元(6953万USドル)を投資し、2020年の長沙第18工場の着工以来、55のコア技術を革新的に突破してきました。
長沙第18工場のIM変遷は、その263のSKU(Stock keeping unit;ストック・キーピング・ユニット)の生産能力を以て、生産能力を123%、スタッフの能力を98%、及び全体にわたるオートメーション(自動稼働)率を76%上昇させました。2021年、工場の一人当たり生産価値は1471万1300元(205万USドル)に達し、1平方メートル当たりの地価は154,000元(21,410USドル)でした。
長沙第18工場由来のオリジナル科学技術及び技術的ソリューションは、三一重工の他の45の工場で、迅速に推進されています。46のデジタル変遷を遂げた工場は、第4産業革命を背景として、スマート工場の青写真を描いてきました。その結果、IMは産業チェーンの上流及び下流のリンクまで、同時に拡大したのです。
「三一重工はインテリジェント製品、製造業、及び操作の、デジタル及びインテリジェント双方の変遷に、弛まぬ科学技術的進歩及び経験の共有を通じて関与しています。また、我々は世界的建設機械産業のIM基準となるべく成功を収めるであろう。」と、向氏は付け足しました。
配信元企業:三一重工
  • プレスリリース詳細へ
  • ドリームニューストップへ
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間