リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「3Dプリント用マテリアルの世界市場:タイプ別、エンドユーズ産業別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
3Dプリント用マテリアル市場は今後急成長が期待され、その世界市場規模は2020年で推計16億ドル、2025年には45億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る3Dプロント用マテリアルの世界市場予測(市場規模US$、量ベースTon)、タイプ別市場(プラスチック、金属、セラミック、その他)、フォーム別市場(フィラメント、パウダー、リキッド)、技術別市場(FDM、SLS、SLA、DMLS、その他)、用途別市場(プロトタイピング、製造業、その他)、エンドユーザー産業別市場(航空宇宙/防衛、ヘルスケア、自動車、コンシューマー製品、建設、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
3Dプリント用マテリアルの世界市場:タイプ別、エンドユーズ産業別2025年予測
3D Printing Materials Market by Type (Plastic, Metal, Ceramic), End-Use industry (Automotive, Healthcare, Aerospace & Defense, Consumer Goods, Construction), Form (Powder, Filament, Liquid), Technology, Application, and Region - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/20/3D_Printing_Materials_2025_MAM2061.html

【レポート構成概要】
◆3Dプリント用マテリアルの世界市場予測2016-2025年
・市場規模(US$)
・量ベース(Ton)

◆タイプ別、市場-2025年
・プラスチック
・金属
・セラミック
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆フォーム別、市場-2025年
・フィラメント
・パウダー
・リキッド
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆技術別、市場-2025年
・FDM
・SLS
・SLA
・DMLS
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆用途別、市場-2025年
・プロトタイピング
・製造業
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆エンドユーズ産業別、市場-2025年
・航空宇宙/防衛
・ヘルスケア
・自動車
・コンシューマー製品
・建設
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、英国、フランス、イタリア
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
中南米
・メキシコ、ブラジル
中東
・UAE、南アフリカ
※地域別に全セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析
・マクロ経済及び航空宇宙と自動車産業における主な傾向
・市場シェア分析
・競合状況

◆3Dプリント用マテリアルの主要企業プロフィール動向
・3D SYSTEMS CORPORATION
・ARKEMA S.A.
・ROYAL DSM N.V.
・THE EXONE COMPANY
・STRATASYS, LTD.
・GENERAL ELECTRIC
・EOS GMBH ELECTRO OPTICAL SYSTEMS
・MATERIALISE NV
・SANDVIK AB
・HÖGANÄS AB
・EVONIK INDUSTRIES AG

(その他企業)
・VOXELJET AG
・MARKFORGED INC.
・SLM SOLUTIONS GROUP AG
・IMPOSSIBLE OBJECTS, INC.
・LPW TECHNOLOGY LTD.
・ENVISIONTEC, INC.
・CARBON
・BASF NEW BUSINESS GMBH
・ECO (ECO INDUSTRIAL CO., LTD)
・FOREFRONT FILAMENT
・KEENE VILLAGE PLASTICS
・CLARIANT
・AIRWOLF 3D
・LITHOZ GMBH

(全207頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000222320&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/20/3D_Printing_Materials_2025_MAM2061.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年9月11日

★関連レポート
「生体材料(バイオマテリアル)の世界市場2020-2027年:製品別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/GRAN/1/Biomaterials_2027_GRAN132.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html





配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「「3Dプリント用マテリアルの世界市場:タイプ別、エンドユーズ産業別2025年予測」最新調査リリース